Research


◆論文◆
●2021年
☆)福元敏之,澤本佳和,鈴木芳隆,城戸將江,長谷川隆:建築基準法等に係る技術基準整備のための検討について(令和2年度報告)長周期地震動に対する超高層鉄骨造の安全検証法に関する検討,ビルディングレター 2021年11月,pp.12-29,2021.11
120) 薄拓己,城戸將江:RELATION BETWEEN STRENGTH DETERIORATION BEHAVIOR AND UNLOADING STIFFNESS OF SQUARE CFT COLUMNS,Proc. of 17th World conference on Earthquake Engineering, 17WCEE, Sendai, Japan-September 27th to October 2nd 2021, pp.2c-0317-1-2c-03179
119) 城戸將江,津田惠吾:安定性指標と座屈長さ係数 2スパン平面骨組における検討,日本建築学会構造系論文集,第86巻,第782号,pp.1259-1270,2021年8月,https://doi.org/10.3130/aijs.86.1259
118) 福元敏之,森田耕次,津田惠吾,城戸將江,一戸康生,:定変位振幅繰返し載荷に於けるコンクリート充填角形鋼管柱の繰返し特性,鋼構造論文集,第28巻,第110号,pp.73-82,2021年6月
117) 城戸將江,津田惠吾:CFT断面の許容耐力における単純累加強度と一般化累加強度の比較,日本建築学会構造系論文集,第86巻,第784号,pp.1014-1025,2021年6月,https://doi.org/10.3130/aijs.86.1014
 

116) 城戸將江,津田惠吾:平面骨組の安定性指標と座屈長さ係数,日本建築学会構造系論文集,第86巻,第782号,pp.630-641,2021年4月,https://doi.org/10.3130/aijs.86.630


●2020年

  • 115) 横屋翔,劉懋,城戸將江:角形CFT柱の鋼管応力におよぼす鋼管の応力―ひずみ関係の影響,鋼構造年次論文報告集,第28巻,pp.925-932,2020年11月 →優秀発表表彰を受賞しました
  • 114) 薄拓己,城戸將江:繰返し載荷を受ける角形CFT柱の耐力劣化性状と除荷剛性の関係,鋼構造年次論文報告集,第28巻,pp.909-916,2020年11月
  • 113) 城戸將江,津田惠吾: 角形CFT断面の累加強度と終局強度の比較,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第777号,pp.1503-1512,2020年11月,https://doi.org/10.3130/aijs.85.1503
  • 112) 城戸將江,津田惠吾: PΔ効果と座屈長さ係数 ―安定性指標を用いた座屈長さ係数の算定― ,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第776号,pp.1325-1333,2020年10月,https://doi.org/10.3130/aijs.85.1325
  • 111) 城戸將江,津田惠吾: 角形鋼管柱の終局曲げ耐力に関する考察 ―全塑性モーメントを発揮する条件― ,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第776号,pp.1303-1311,2020年10月,https://doi.org/10.3130/aijs.85.1303
  • ) 城戸將江,津田惠吾,福元敏之,一戸康生,森田耕次:Behavior of square concrete‐filled steel tubular beam‐columns subjected to lateral loads with constant cyclic displacement ,Japan Architectural Review, 2020年9月,https://doi.org/10.1002/2475-8876.12182(94番目の論文の翻訳論文です)
  • 110) 島田侑子,福元敏之,城戸將江,鈴木英之,馬場 望,田中照久: NEW ESTIMATION OF ULTIMATE SHEAR STRENGTH ON HEADED STUD CONSIDERING VARIABILITY,,Proc. of 17th World conference on Earthquake Engineering, 17WCEE, Sendai, Japan-September 13th to 18th 2020,pp.2b-0065-1-2b-01065-12
  • 109) 劉懋,城戸將江:BASIC STUDY ON STRAIN HARDENING COEFFICIENT AFFECTING MAXIMUM STRENGTH OF SQUARE CFT BEAM-COLUMNS,Proc. of 17th World conference on Earthquake Engineering, 17WCEE, Sendai, Japan-September 13th to 18th 2020,pp.2c-0090-1-2c-0090-7
  • 108) 城戸將江,藤岡大二郎,城崎康太:STRUCTURAL BEHAVIOR OF CFT BEAM-COLUMNS WITH HIGH STRENGTH STEEL SUBJECTED TO CYCLIC LOADING,Proc. of 17th World conference on Earthquake Engineering, 17WCEE, Sendai, Japan-September 13th to 18th 2020,pp.2c-0133-1-2c-0133-9
  • 107) 城戸將江,津田惠吾,福元敏之,一戸康生,森田耕次: 一定変位振幅繰返し載荷を受ける角形CFT柱の限界繰返し回数 ,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第773号,pp.981-991,2020年7月,https://doi.org/10.3130/aijs.85.981
  • 106) 城戸將江,津田惠吾:ブレース付き均等骨組における柱材のPΔ効果の評価,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第771号,pp.771-778,2020年5月, https://doi.org/10.3130/aijs.85.771
  • 105) 藤岡大二郎,城戸將江,崔剛:コンクリート充填角形鋼管柱の降伏耐力評価式,鋼構造論文集,Vol.27,No.105,pp.61-76, 2020年3月
  • 104) 城戸將江,津田惠吾:節点の横移動が拘束されている骨組の均等な骨組として算定した柱の座屈長さ係数の 妥当性の検討,構造工学論文集,Vol.66B,pp. 187-194,2020年3月
  • 103) 城戸將江,津田惠吾,原口将行:コンクリート充填角形鋼管柱材の曲げ耐力について ‐全塑性耐力を期待できる条件と耐力設計の枠組みと課題- ,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第769号,pp.415-424,2020年3月 https://doi.org/10.3130/aijs.85.415
  • 102) 保木 和明, 高巣 幸二, 陶山 裕樹, 城戸 將江, 小山田 英弘:浮遊選鉱法により未燃炭素を除去した改質フライアッシュ混合RC梁部材の構造性能に関する基礎性状,日本建築学会技術報告集,第26巻,第62号,pp.130-135,2020年2月 https://doi.org/10.3130/aijt.26.130
  • 101) 城戸將江,津田惠吾:均等な骨組における柱材のPΔモーメントの評価と変形に及ぼす影響 ,日本建築学会構造系論文集,第85巻,第767号,pp.151-157,2020年1月 https://doi.org/10.3130/aijs.85.151



●2019年
  • 100) 藤岡大二郎,城戸將江,城崎康太:一定変位振幅繰返し載荷を受ける高強度角形CFT柱の構造性能,鋼構造年次論文報告集,第27巻,pp.461-469,2019年11月
  • ☆) 崔剛,城戸將江,劉懋:コンクリート充填鋼管柱の降伏耐力簡易評価法に関する研究,第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム,pp.1-8,2019.11
  • ☆) 藤岡大二郎,城戸將江,城崎康太:一定変位振幅繰返し載荷を受ける高強度角形 CFT 柱の構造性能 ,第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム,pp.18-26,2019.11
  • ☆) 藤岡大二郎,城戸將江,城崎康太,津田惠吾:一定変位振幅繰返し載荷を受ける角形 CFT 長柱(幅厚比D/t=17)の耐力劣化性状に関する研究,第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム,pp.9-17,2019.11
  • ☆) 藤岡大二郎,城戸將江,城崎康太,崔剛,津田惠吾:一定変位振幅繰返し載荷を受ける円形 CFT 長柱の耐力劣化性状に関する研究 ,第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム,pp.27-35,2019.11
  • ☆) 城崎康太,城戸將江,藤岡大二郎:一定変位振幅繰返し載荷を受ける高強度鋼材を用いた角形 CFT柱の構造性能 ,第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム,pp.36-43,2019.11
  • 99) 崔剛,城戸將江,劉懋:コンクリート充填鋼管柱の降伏耐力簡易評価法に関する研究,鋼構造年次論文報告集,第27巻,pp.452-460,2019年11月
  • 98) 崔剛,城戸將江,劉懋:SIMPLIFIED EVALUATION FORMULA FOR CALCULATING THE YIELD STRENGTH OF SQUARE CFT BEAM COLUMNS, Proc. of 12th Pacific Structural Steel Conference, 2019年11月
  • 97) 城戸將江,津田惠吾:SIMPLIFIED DESIGN FORMULA FOR EFFECTIVE LENGTH OF COLUMN IN SYMMETRICAL FRAMES WITH BRACING, Proc. of 12th Pacific Structural Steel Conference, 2019年11月
  • 96) 姜優子,城戸將江,陶山裕樹,高巣幸二: 改質フライアッシュスラリーを混合した環境配慮型コンクリートを用いた円形CFT短柱の圧縮挙動に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,第41巻,pp.1129-1134,2019年
  • 95) 劉懋,半田遼,城戸將江,津田惠吾: Stress state of steel tube of square CFT columns which reached short-term allowable strength,interdependence between structural engineering and construction management,Proc of ISEC 10, pp. STR-41-1-6,2019年6月 doi: 10.14455/ISEC.res.2019.163, https://www.isec-society.org/ISEC_PRESS/ISEC_10/html/STR-41.xml
  • 94) 城戸將江,津田惠吾,福元敏之,一戸康生,森田耕次: 一定変位振幅繰返し載荷を受ける角形CFT柱の構造性能 ,日本建築学会構造系論文集,第84巻,第759号,pp.725-735,2019年5月


●2018年
  • 93) 城崎康太,城戸將江: HYSTERESIS CHARATERISTICS OF SQUARE CFT COLUMNS SUBJECTED TO AXIAL FORCE AND BENDING MOMENT ,Streamlining Information Transfer between Construction and Structural Engineering,Proc. of ASEA-SEC4,pp.ST43-1-6,2018年12月 ,doi: 10.14455/ISEC.res.2018.103 ,https://www.isec-society.org/ISEC_PRESS/ASEA_SEC_04/index.html
  • 92)藤岡大二郎,城戸將江,劉懋,池田裕貴: EFLEXURAL STRENGTH OF SQUARE CFT BEAMCOLUMNS WHEN DAMAGED WITH CONCRETECRACKS ,Streamlining Information Transfer between Construction and Structural Engineering,Proc. of ASEA-SEC4,pp.ST32-1-6,2018年12月 ,doi: 10.14455/ISEC.res.2018.100 ,https://www.isec-society.org/ISEC_PRESS/ASEA_SEC_04/index.html
  • 91)宇津宮遥奈,原口将行,城戸將江,津田惠吾: EFFECTS OF THE INITIAL DEFLECTION SHAPE ON THE MOMENT AMPLIFICATION FACTOR OF BEAM-COLUMNS ,Streamlining Information Transfer between Construction and Structural Engineering,Proc. of ASEA-SEC4,pp.ST29-1-6,2018年12月 , doi: 10.14455/ISEC.res.2018.94 ,https://www.isec-society.org/ISEC_PRESS/ASEA_SEC_04/index.html
  • ☆) 津田惠吾,城戸將江: Current State of Studies and Research on CFT Structures ,Steel Construction Today and Tomorow,pp.5-8,2018年11月 ,http://www.jisf.or.jp/en/activity/sctt/index.html
  • 90)城戸將江,劉懋,津田惠吾: 角形CFT柱の曲げひび割れ耐力と降伏耐力の比較,鋼構造年次論文報告集,第26巻,pp.28-35,2018年11月
  • 89)島田侑子,福元敏之,城戸將江,鈴木英之,馬場 望,田中照久: 補正係数による頭付きスタッドの終局せん断耐力式の提案,日本建築学会構造系論文集,第83巻,第750号,pp.1205-1215,2018年8月
  • 88)姜優子,城戸將江,陶山裕樹,高巣幸二: 改質フライアッシュスラリーを内割・外割混合した環境配慮型コンクリートを用いたCFT柱の圧縮挙動に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,第40巻,pp.1135-1140,2018年
  • 87) 城戸將江,津田惠吾:1スパン多層骨組の座屈荷重近似算定法について ―座屈モードを固有振動モードとしたエネルギ法による解析,構造工学論文集,Vol. 64B,pp.125-130,2018年3月
  • 86) 宇津宮遥奈,城戸將江,津田惠吾:2層1スパン骨組の弾性座屈解析に関する一考察,構造工学論文集,Vol. 64B,pp.147-156,2018年3月
  • 85) 伊山 潤, 清家 剛,松尾 真太朗, 吉敷 祥一,東 康二,石田 孝徳, 城戸 將江, 岩下 勉 ,澤田 樹一郎, 山田 哲:熊本地震で被災した鉄骨造文教施設の被害調査の概要,日本建築学会技術報告集,第56巻,pp.183-188,2018年2月
  • 84) 福元敏之,城戸將江,津田惠吾,森田耕次:単調載荷に於けるコンクリート充填角形鋼管長柱の変形性能,日本建築学会構造系論文集,第83巻,第743号,pp.211-219,2018年1月

●2017年

  • 83) 半田遼,劉懋,城戸將江,津田惠吾:角形CFT柱の短期許容耐力時における鋼管応力について,鋼構造年次論文報告集,第25巻,pp.806-812,2017年11月
  • 82) 原口将行,城戸將江,津田惠吾:弾性柱の曲げモーメント拡大係数評価式の提案,鋼構造年次論文報告集,第25巻,pp.774-781,2017年11月
  • 81) 城戸將江,津田惠吾,原口将行,宇津宮遥奈:均等な骨組として算定した座屈長さ係数の妥当性の検討,鋼構造年次論文報告集,第25巻,pp.766-773,2017年11月
  • 80) 宇津宮遥奈,原口将行,城戸將江,津田惠吾:曲げモーメント拡大係数に及ぼす元たわみ形状の影響について,鋼構造年次論文報告集,第25巻,pp.219-226,2017年11月
  • 79) 劉懋,城戸將江,安田聖之,津田惠吾:RELATION BETWEEN ELASTIC BUCKLING STRENGTH AND BRACING STIFFNESS OF H-SHAPED MEMBER SUBJECTED TO AXIAL LOAD AND END MOMENT,Proc. of EASEC-15 pp.1123-1129,2017年10月
  • 78)城戸將江,劉 懋 ,保木和明,尾宮洋一,津田惠吾:Experimental Study on H-Shaped Steel Beam with Continuous Bracing Subjected to End Moment Proc. of ISECー9,2017年7月 ISEC-9リンク
  • 77)原口将行,城戸將江,津田惠吾:Ultimate Strength of Concrete Filled Square Steel Tubular Beam-Columns,Proc. of ISECー9,2017年7月
  • 76)崔 剛,城戸將江,津田惠吾,中野英行:Relationship Between Battened Built-Up Columns and Frames about Buckling – Buckling Strength by BLEICH,Proc. of ISECー9,2017年7月
  • 75)宇津宮遙奈,原口将行 城戸將江 津田惠吾:Amplification Factor of Beam-Columns with Initial Deflection,Proc. of ISECー9,2017年7月
  • 74)半田 遼,城戸將江, 劉 懋, 津田惠吾:Effect of Strain-Stress Relationship of Steel Tube on the Initial Stiffness of Square CFT Columns,Proc. of ISECー9,2017年7月
  • 73)城戸將江,福元敏之,津田惠吾,一戸康生,森田耕次:委員会報告 長周期地震動に対するCFT柱部材の保有性能に関する研究,鋼構造論文集,第24巻,第94号,2017年6月
  • 72)   城戸將江,津田惠吾,原口将行:曲げ座屈するコンクリート充填鋼管圧縮材の耐力評価,日本建築学会構造系論文集,第82巻,第735号,pp.753-763,2017年5月
  • 71)原口将行,城戸將江,津田惠吾:離散ばねと連続ばねの関係および座屈長さ係数評価式の提案 -等軸力圧縮材の場合-,鋼構造論文集,Vol.24,No.93,pp.29-38,2017年3月
  • 70)  姜優子,城戸將江,陶山裕樹,高巣幸二:改質フライアッシュスラリーを混合した低炭素コンクリートのCFTへの適用可能性について,コンクリート工学年次論文集,第39巻,pp.997-1002,2017年

●2016年
  • 69)宇津宮 遥奈,原口将行,城戸將江,津田惠吾:元たわみのある柱の曲げモーメント拡大係数について,鋼構造年次論文報告集第24号,2016年11月
  • 68)半田 遼,城戸將江,津田惠吾:角形CFT柱の初期剛性に及ぼす鋼材の応力―ひずみ関係の影響,鋼構造年次論文報告集第24号,2016年11月
  • 67)原口将行,城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱の終局耐力評価について,鋼構造年次論文報告集第24号,2016年11月
  • 66) 島田侑子,城戸將江,馬場望,田中照久,福元敏之:頭付きスタッドの設計式に関する考察,鋼構造年次論文報告集,第24巻,pp.103-110,2016.11(報告)
  • 65)吉田キカ,城戸將江,津田惠吾:Study on Initial Stiffness of Square CFT Columns Subjected to Horizontal and Constant Axial Forces,Proc. of Eleventh Pacific Structural Steel Conference,2016年10月
  • 64)城戸將江,中野英行,津田惠吾:Relationship Between Built-Up Columns and Frames about Buckling,Proc. of Eleventh Pacific Structural Steel Conference,2016年10月
  • ☆)城戸將江,森田耕次,津田惠吾,福元敏之:長周期地震動に関するCFT長柱の実験,2016年日本建築学会(九州)構造部門(SCCS),パネルディスカッション資料
  • ☆)福元敏之,森田耕次,津田惠吾,城戸將江:長周期地震動に対する構造設計法の現況,2016年日本建築学会(九州)構造部門(SCCS),パネルディスカッション資料
  • 63)城戸將江,津田惠吾,中野英行:帯板形式の組立圧縮材の座屈と骨組の座屈の関連性について -Bleichの座屈荷重評価式の考察-,日本建築学会構造系論文集,第81巻,第726号,pp.1333-1342,2016年8月

●2015年
  • 62)津田惠吾,城戸將江:完全弾塑性型の応力-ひずみ関係よりなる角形鋼管柱の終局耐力評価について,日本建築学会構造系論文集,第80巻,第718号,pp.1981-1990,2015年12月
  • 61)津田惠吾,城戸將江,山本雄大:変軸力材における離散ばねと連続ばねの座屈補剛について,日本建築学会構造系論文集,第80巻,第718号,pp.1951-1960,2015年12月
  • 60)吉田キカ,城戸將江,津田惠吾:水平力と一定軸力を受ける角形CFT 柱の初期剛性に関する研究,鋼構造年次論文報告集第23号,pp.778-783,2015年11月
  • 59) 劉懋,城戸將江:ピン支持された端モーメントと等分布荷重を受ける部材の座屈補剛,鋼構造年次論文報告集第23号,pp.697-704,2015年11月
  • 58) 宮崎 統基,城戸將江:円形CFT柱断面の短期許容耐力および降伏強度とその時の曲率,鋼構造年次論文報告集第23号,pp.771-777,2015年11月
  • 57) 郝 乙鑫,城戸將江:高強度鋼材を用いた角形CFT 長柱の曲げせん断実験,鋼構造年次論文報告集第23号,pp.792-797,2015年11月(報告)
  • 56)原 周平,城戸將江,津田惠吾:線形に軸力が変化する変軸力材の座屈長さ係数評価式 -両端ピン支持と両端固定支持の場合-,鋼構造論文集,Vol.22,No.87,pp.1-7,2015年9月
  • ☆) 城戸將江:合成梁と合成床,合成構造の国際化に向けて2015年度日本建築学会大会(関東)構造部門(SCCS)パネルディスカッション資料,pp. 41-48,2015.9
  • ☆) 藤永隆,林和宏,城戸將江:日・欧・米の合成柱の設計式の比較,合成構造の国際化に向けて2015年度日本建築学会大会(関東)構造部門(SCCS)パネルディスカッション資料,pp. 21-32,2015.9
  • 55)マハムド コリ エフェンディ,河口弘光,南幸翔,河野昭彦,蜷川利彦,松尾真太朗,津田惠吾,城戸將江:津波漂流物の衝突を対象としたコンクリート充填鋼管部材の衝撃解析,都市・建築学研究 九州大学大学院人間環境学研究院紀要 第28号,pp.65-77,2015年7月
  • 54) 劉懋,城戸將江:材の中間にばねが1本ついたH形断面柱の弾性座屈荷重 両端をピン支持されたH形断面部材の座屈荷重と補剛剛性の関係 その1 日本建築学会構造系論文集,第80巻,第712号,pp.927-937,2015年6月
  • 53)マハムド コリ エフェンディ,河口弘光,南 幸翔,河野昭彦,蜷川利彦,松尾真太朗,津田恵吾,城戸將江:集中横荷重を受けるコンクリート充填鋼管部材の曲げ挙動に関する非線形有限要素解析,都市・建築学研究 九州大学大学院人間環境学研究院紀要 第76号,pp.85-93,2015年1月
  • 52)マハムド コリ エフェンディ,河口弘光,南 幸翔,河野昭彦,蜷川利彦,松尾真太朗,津田恵吾,城戸將江:衝撃横荷重を受けるコンクリート充填鋼管の動的応答に関する実験的研究,都市・建築学研究 九州大学大学院人間環境学研究院紀要 第76号,pp.73-83,2015年1月

●2014年
  • 51)原周平,城戸將江,津田惠吾:H形鋼梁の降伏強さを期待できる梁長さLとフランジ幅Bの限界比,鋼構造年次論文報告集,2014年11月
  • 50) 宮崎統基,内彩,城戸將江:角形CFT 柱の降伏耐力時および許容耐力時の部材角の比較,鋼構造年次論文報告集,第22巻,pp.569-576,2014年11月
  • 49) 劉懋,城戸將江:連続補剛された左右の支持条件が異なる変軸力材の座屈について,鋼構造年次論文報告集,第22巻,pp.652-659,2014年11月
  • 48)マハムド コリ エフェンディ,河口弘光,河野昭彦,蜷川利彦,松尾真太朗,津田恵吾,城戸將江:集中横荷重を受ける中空鋼管部材の全体たわみ挙動に及ぼす加力点の局部変形の影響に関する解析的研究,都市・建築学研究 九州大学大学院人間環境学研究院紀要 第26号,pp.79-90,2014年7月
  • 47)城戸將江,津田惠吾:連続ばねで補剛された両端固定支持の変軸力材の座屈について -梁ウェブを連続補剛ばねとした場合のH形鋼圧縮側フランジの曲げ座屈-,日本建築学会構造系論文集,第79巻,第698号,pp.525-532,2014年4月

●2013年
  • 46) 劉懋,城戸將江:圧縮力を受けるCFT柱におけるSRC規準とユーロコード4の設計式の比較,鋼構造年次論文報告集,第21巻,pp.422-429,2013年11月
  • 45)津田惠吾,城戸將江:連続補剛された変軸力材の座屈について -ウェブや床スラブで拘束されたH形鋼圧縮フランジの曲げ座屈-,日本建築学会構造系論文集,第78巻,第690号,pp.1513-1521,2013年8月
  • ☆)津田惠吾,城戸將江:RC柱の座屈,建築技術(特集 構造デザインのための座屈再入門),pp.102-pp.105,2013年7月17日
  • 44) 李沙,城戸將江:Experimental Study on Flexural Strength of a Beam Web of H-Shaped Steel Beam Web With Slabs Connected to Circular CFT Columns, New Developments in Structural Engineering and Construction, ISEC-7, pp.1013-1018, 2013年6月
  • 43) 劉懋,城戸將江,津田惠吾:Basic Experimental Study on the Flexural Strength of the Beam Web at Square CFT Column - H Shaped Beam Connection,Proc. of 15th World conference on earthquake engineering, Paper NO.3112,2012年9月
  • 42) 史貴秋,城戸將江,津田惠吾:Basic Experimental Study on Flexural Strength of Beam Web Connected to Circular CFT Column,Proc. of 15th World Conference on Earthquake Engineering, Paper NO.3136,2012年9月
  • 41)津田惠吾,城戸將江:中央で横移動および回転を拘束された柱材の曲げねじれ座屈,日本建築学会構造系論文集,第78巻,第684号,pp.377-385,2013年2月

●2012年
  • 40)城戸將江,津田惠吾,山川哲雄:合成接合による枠付き鉄骨ブレースにおける座屈長さ係数の評価法,鋼構造年次論文報告集,第20巻,2012年11月
  • 39) 李沙,城戸將江:円形CFT 柱に取付く梁ウェブ接合部の曲げ耐力に関する実験的研究-スカラップの有無の影響-,鋼構造年次論文報告集,第20巻,pp.77-84,2012年11月
  • 38) 劉懋,城戸將江:元たわみのある階段状に軸力が変化する部材の座屈補剛について,鋼構造年次論文報告集,第20巻,pp.737-740,2012年11月
  • 37)劉懋,城戸將江,津田惠吾:Basic Experimental Study on the Flexural Strength of the Beam Web at Square CFT Column - H Shaped Beam Connection,Proc. of 15 WCEE,2012年9月
  • 36)史貴秋,城戸將江,津田惠吾:Basic Experimental Study on Flexural Strength of Beam Web Connected to Circular CFT Column, Proc. of 15 WCEE,2012年9月
  • 35)津田惠吾,城戸將江,小林雅 典:フランジの曲げ座屈強度を用いた柱の曲げねじれ座屈荷重の近似解析 曲げねじれ座屈に対する柱の設計式の一検討,日本建築学会構造系論文 集,第77巻,第678号,pp.1309-1318,2012年8月
  • 34)小林 雅典,津田 惠吾,城戸 將江,河野 昭彦:軸力と曲げを受けるH形鋼柱の設計式 細長比、曲げモーメント比、材料強度を変数としたパラメトリックスタディ,構造工学論文集,Vol.58B,pp.349-355,2012年3月
  • 33)津田惠吾,城戸將江:変軸力材の座屈補剛について -曲げ勾配のある梁の横座屈補剛-,日本建築学会構造系論文集,第77巻,第673号,pp.461-468,2012年3月
  • 32) 劉懋,城戸將江:変軸力材の座屈補剛について-階段状に作用する軸力を受ける柱-,構造工学論文集,Vol.58B,pp.357-363,2012年3月
  • 31) 城戸將江:コンクリート充填円形鋼管柱に取り付く梁ウェブ接合部の曲げ耐力,日本建築学会構造系論文集,第77巻,第673号,pp.483-489,2012年3月

●2011年
  • 30)津田惠吾,城戸將江,河野昭彦:建築構造用高強度鋼材H-SA700を用いた柱材の設計式,日本建築学会構造系論文集,第76巻,第670号,pp.2163-2171,2011年12月
  • 29) 劉懋,城戸將江:CFT柱に取付く梁ウェブ接合部の曲げ耐力に関する実験的研究:鋼構造年次論文報告集,第19巻,pp.481-486,2011年11月
  • 28)津田惠吾,城戸將江:座屈長さの概念を用いた変軸力材の非弾性座屈荷重評価の妥当性,日本建築学会構造系論文集,第667号,pp.1705-1712,2011年9月
  • 27)リュウ セイショウ,城戸將江,津田惠吾:Study on Relationship between Superposed Strength andYield Strength of the Square CFT Columns, Modern Methods and Advances in Structural Engineering and Construction, ISEC-6, Zurich, June21-26, 2011
  • 26)小林雅典,津田惠吾,城戸將江,河野昭彦:New Design Formulas of H-shaped Steel Beam-Columns Subjected to Axial Compressive Force and Bending Moment, Modern Methods and Advances in Structural Engineering and Construction, ISEC-6, Zurich, June21-26, 2011

●2010年
  • 25) 喬 崎雲,河野昭彦,津田惠吾,城戸將江,井上一朗:Experimental study on the buckling strength of weld-free built-up members using high strength steel (H-SA700) under axial compression,Proc. of PSSC2010,Beijing, 2010.10
  • 24)津田惠吾,城戸將江:軸力と曲げを受けるサンドウィッチ断面柱の曲げねじれ座屈荷重と設計式,高強度鋼利用技術研究会報告書,5-1~5-26,2010年5月

●2009年
  • 23)劉青崧,城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管断面の累加強度と降伏強度について,鋼構造年次論文報告集,第17巻,pp.587-594,2009年11月
  • 22)中野英行,城戸將江,津田惠吾:組立柱と骨組の座屈の関連性,構造工学論文集,Vol.55B,pp.259-267,2009年3月

●2008年
  • 21)鮫島由佳,城戸將江,津田惠吾:Plastic Deformation Capacity of H-Shaped Steel Beam Connected To Concrete Filled Steel Tubular Column, Proc. 14th WCEE, 2008.10
  • 20) 城戸將江,姜優子:建築物における耐候性鋼の使用実態について,鋼構造年次論文報告集,第16巻,pp.645-650,2008年11月(報告)

●2007年
  • 19)藤田昂丈,城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱に取り付くH形鋼梁の塑性変形能力,鋼構造年次論文報告集,第15巻,pp.513-518,2007年11月
  • ☆)城戸將江,藤田昂丈,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱に取り付くH形鋼梁の塑性変形能力,第7回複合構造の活用に関するシンポジウム,pp.8-1~8-6,2007年11月
  • ☆)城戸將江:コンクリート充填円形鋼管柱の復元力特性に関する研究,第7回複合構造の活用に関するシンポジウム,pp.7-1~7-6,2007年11月
  • 18)城戸將江,津田惠吾:Stability of Frames Including Columns Connected to Pinned End Beams,Proc. of the 4th International Structural Engineering and Construction Conference, Vol.1,pp.763-768,2007年9月
  • 17)城戸將江,津田惠吾: 指定した座屈長さを与えるためのブレースの必要水平剛性 -ブレース付き均等骨組の場合-,日本建築学会構造系論文集,第619号,pp.165-170,2007年9月
  • 16)城戸將江,津田惠吾:梁端がピン接合された柱を含む骨組の座屈,構造工学論文集,Vol.53B,pp.179-184,2007年3月
  • 15)城戸將江,津田惠吾:Required Stiffness of Bracing in Steel Frame,Proc. of Eighth Pacific Structural Steel Conference,Vol.2,pp.395-400,2007年3月
  • 14)城戸將江,津田惠吾:均等なブレース付き骨組の柱材の実用座屈長さ評価式,日本建築学会構造系論文集,第611号,pp.141-147,2007年1月

●2006年
  • 13)津田惠吾,木村潤一,九谷和秀,武末幸久,鄭眞安,蜷川利彦,日高桃子,城戸將江:鋼構造の教育用視覚資料,鋼構造年次論文報告集,第14巻,pp.487-492,2006年11月
  • 12)城戸將江,津田惠吾: Relation between Experienced Lateral Drift Angle and Residual One of Concrete Filled Steel Circular Tubular Columns, Proc. of the 8th International Conference on Steel-Concrete Composite and Hybrid Structures, pp.133-137, 2006年8月
  • 11)城戸將江,津田惠吾: Frame Stability of Braced Frame, Proc. of the 10th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC-10), pp.227-232, 2006年8月
  • 10)城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填鋼管柱の保有変形性能に関する研究,コンクリート工学年次論文集,第28巻,pp.1327-1332,2006年6月
  • 9)城戸將江,津田惠吾: FLEXURAL STRENGTH OF BEAM WEB TO CONCRETE FILLED SQUARE STEEL TUBULAR COLUMN JOINTS, Proc. of the 8th international conference on Steel, Space & Composite Structures, pp.435-441, 2006年5月
  • 8)城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱に取り付く梁ウェブ接合部の曲げ耐力,日本建築学会構造系論文集,第602号,pp.219-226,2006年4月
  • 7)城戸將江,津田惠吾:ブレース付き骨組の座屈について-ブレースの水平剛性と柱材の座屈長さ-,構造工学論文集,Vol.52B,pp.351-359,2006年3月

●2005年
  • 6)城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱の経験部材角と残留変形角の関係,鋼構造年次論文報告集,第13巻,pp.503-508,2005年11月
  • 5)城戸將江,津田惠吾:Design Method of Slender Concrete Filled Steel Tubular Columns under Moment Gradient, Proc. of the 3rd International Structural Engineering and Construction Conference, Vol.2, pp.623-628, 2005年9月
  • 4)城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填円形鋼管柱の経験部材角と残留変形角の関係,コンクリート工学年次論文集,第27巻,pp.1243-1248,2005年6月
  • 3)城戸將江,津田惠吾:軸力と曲げモーメントを受けるコンクリート充填鋼管柱の設計式 -座屈長さ・断面せい比lk/Dが4と12の間の柱-,構造工学論文集,Vol.51B,pp.469-474,2005年3月

●2004年
  • 2)城戸將江,津田惠吾:モーメント勾配のあるコンクリート充填鋼管長柱の耐力について,鋼構造年次論文報告集,第12巻,pp.317-322,2004年11月
  • 1)城戸將江,江崎文也,小野正行,田中睦:RC柱曲げ降伏以後の経験部材角と残留変形角との関係,コンクリート工学年次論文集,第26巻,pp.187-192,2004年6月

◆著書◆
  • 1)津田惠吾(編著):建築学構造シリーズ 建築構造力学,オーム社,2010年9月 -下記部分を執筆- 第6章 ひずみと変位の関係 pp.128-141,第7章 応力とひずみの関係と断面諸量 pp.142-167,第9章4節 座屈たわみ角法 pp.206-213
  • 2) 建築構造物の設計[S×RC×木],オーム社,2015年10月 3.2.4コンクリート充填鋼管(CFT)ラーメン pp.154-165 津田惠吾先生と共著
  • 3) 仮想仕事の原理とエネルギ原理 トラス,梁,骨組,鹿島出版会,2019年9月 津田惠吾先生と共著
  • ☆本の紹介☆

◆学位論文◆
鋼およびコンクリート充填鋼管部材の保有水平性能と設計法,2007年